やる気スイッチを押して前向きに学習を行う

中学受験を突破する

中学受験のための準備について

最近の少子高齢化により子供が減ってきている。しかしながら、中学受験の倍率は過去の倍率と同様であり、縮小傾向にない。そのため、その競争は相変わらず厳しい状況にある。子供を教える側の塾や予備校は、昔ながらの集中講義タイプではなく、独自のやり方をしている感じがする。 その例として、iPadやネットを使った現代的な手段を駆使して、個人個人にあったやり方をすることにより、子供たちを獲得しようとしている。 個人でスキルを上げることは、中学受験に有利ではあるが、本来、小学生で受験することになり、小学生の時に友達と一緒に遊ぶとか勉強しあうということが減ってきており、人間付き合いが薄れているのが少し気になる。 私の意見としては、中学受験のためには、個人的なスキルを上げるための学習だけではなく、小学生という年齢を考えた場合、その人間としての形成のためには、人との触れ合いがある集合形式の塾が一番いいと思う。

受験準備に必要な費用について

中学受験に必要な費用として一番かかるのが、知識吸収のための塾や予備校といった受験前の準備費用が膨大になる。この価格に関しては、数十年前からあまり変わっていないと思う。当然ながら、最新のタブレット端末やPCなどを使用する場合、必要なコストは増加はしているだろうが、それは、事前費用全体に対しては、それほど大きな費用にはならない。また、中高一貫としての中学受験の場合は高校受験よりも、その準備費用は安くなると思う。 ただし、今後の少子化により、塾や予備校に通う人数の絶対数が減ってきた場合は、教師や講師への支払い額が変わらない場合、一人当たりのコストを上げざる負えないと思う。今後、将来的には、学校が減ることを考えると、それに見合う塾や予備校も集中していくと思われるし、その費用も高額になっていくと思う。 今後、塾や予備校は、厳しい競争になると思うし、淘汰された後には、高額な費用になっていくと思う。